● けものフレンズ(アニメ)まとめ ●
    バラエティーメニューへ     けものフレンズトップ
         アニメ関係     コミックス     オフィシャルガイドブック     80フレンズ一覧     166フレンズ一覧
    BD付フレンズ一覧     360フレンズ一覧
    キャスト(発表順)     各話タイトル     第 1話〜 第 6話     第 7話〜第12.1話     地 図
※フレンズの名前の後の数字、例:サーバル(001)、公式サイト「けもフレ図鑑」の番号。
▲ 第7話 じゃぱりとしょかん ▲ (しんりんちほー/オープニングアニメ変わる)

ハシビロコウ
(---)
(小森未彩)

ライオン
(009)
(本多真梨子)

ヘラジカ
(071)
(國符田マリ子)

オーロックス
(---)
(キャストなし)

アラビア
オリックス
(017)
(キャスなし)
※ハシビロコウがかばんを「ヒト」だといい、しばらく会話する。

ニホン
ツキノワグマ
(---)
(キャストなし)

オオ
アルマジロ
(---)
(キャストなし)

アフリカ
タテガミ
ヤマアラシ
(---)
(キャストなし)

パンサー
カメレオン
(---)
(キャストなし)

シロサイ
(015)
(キャストなし)
 
※かばん達がクイズ迷路(アトラクション)を抜けるとアフリカオオコノハズク達が料理を作れとせがんでくる。

サーバル
(001)
(尾崎由香)

かばん
(内田彩)

ラッキービースト
(?)

アフリカ
オオコノハズク
(コノハ博士)
(041)
(三上枝織)

ワシミミズズク
(ミミちゃん助手)
(042)
(上原あかり)
※かばん達は料理のお礼に博士から「ぺぱぷらいぶ」のプラチナチケットをもらう。
※コノハ博士達によって、「かばん」はヒトだとわかる。ヒトがいなくなったのとセルリアンの襲撃が関係ありそう。
「かばん」達は他のヒトを探しに旅だった。

アライフマ(004)
(小野早稀)

フェネックス(005)
(本宮佳奈)

アメリカ
ビーバー(076)
(下地紫野)

オグロ
プレーリードッグ
(077)
(大空直美)
※アライグマたちは、ラッキービスとが言った「フレンズに大切なものが埋まっている」と聞いて
「かばん」達を追跡しているようだ。
▲ 第8話 ぺぱぷらいぶ (2/28頃放送 )▲
みずべちほーの「ぺぱぷらいぶ」会場に到着した、かばん達。
マーゲイと一緒に「プラチナチケット」で「ぺぱぷ」に密着。

サーバル
(001)
(尾崎由香)

かばん
(内田彩)

ラッキービースト
(?)

マーゲイ
(065)
(山下まみ)
※マーゲイは、「ぺぱぷ」を初代から知っているオタク。
※最終的にマーゲイは「ぺぱぷ」のマネージャーになった。
 
★ ぺぱぷ (3代目) ★

イワトビペンギン
[イワビー]
(031)
(相羽あいな)

フンボルトペンギン
[フルル]
(032)
(築田行子)

コウテイペンギン
[コウテイ]
(029)
(根本流風)

ジェンツーペンギン
[ジェーン]
(030)
(田村響華)

ロイヤルペンギン
[プリンセス]
(033)
(佐々木未来)
※ぺぱぷリーダー=コウテイペンギン
※バンドの場合、イワビー=ギター、フルル=ドラム、コウテイ=ベース、ジェーン=キーボード、プリンセス=ヴォーカル
→月刊少年エース2017年4月号アニメ情報による。
※初代ぺぱぷ=3人、2代ぺぱぷ=4人(ロイヤルペンギンを除く)、マーゲイによる。
※3代目結成を呼びかけたのは、ロイヤルペンギン。  
● 観客(分かったフレンズ)

イワ
ハイラックス
(023)
(キャストなし)

アゴヒゲ
アザラシ
(039)
(キャストなし)

ジャイアント
パンダ
(050)
(キャストなし)

HIME
(---)
(キャストなし)

ピューマ
(036)
(キャストなし)

オーストラリア
デビル
(026)
(キャストなし)

ニホンジカ
(070)
(キャストなし)
※HIME;Crunchyroll(動画配信会社)のキャラクター
※マーゲイは、3代目ぺぱぷのマネージャーになった。
※ぺぱぷは、ジャパリパークの回りは全て海だと言っていた。
※かばんたちは、ぺぱぷから「ヒトは港にいた」と聞いた。

アライフマ(004)
(小野早稀)

フェネックス(005)
(本宮佳奈)

ライオン
(009)
(本多真梨子)

ヘラジカ
(071)
(國符田マリ子)

ハシビロコウ
(---)
(小森未彩)

ニホン
ツキノワグマ
(---)
(キャストなし)
※アライグマはかばんが「帽子を盗んだ」と思って、フェネックスと一緒に
かばんを捕まえようとしているらしい。
▲ 第9話 ゆきやまちほー (3/7頃放送) ▲

サーバル
(001)
(尾崎由香)

かばん
(内田彩)

ラッキービースト
(?)

ミライ(声だけ)
(---)
(????)

ミライの同伴者
(声だけ)
(---)
(????)

ギンギツネ
(066)
(相坂優歌)

キタキツネ
(012)
(三森すずこ)

カピパラ
(---)
(杉村ちか子)

セルリアン3
※目的地(海)に向け「ゆきやまちほー」を進む かばん達。
サーバルの提案で源泉見に行くことにし、途中で温泉装置を直しに行くギンギツネ/キタキツネと
合流する。
キタキツネはゲームオタクのようだ。
ギンギツネ達が装置を修理中、サーバル達は展望台にやってくる。
突然ラッキービーストが記録と思われるものを読み上げる。
それはセルリアンを調査に来たときの「ミライ」と同行者のものらしかった。
※源泉を修理した帰り、大量のセルリアンが下ってくる。
かばん達で簡単なそりを作り、小高い所に逃げる。
セルリアンは下るだけで上ることが出来なかった。
※セルリアンを退治するハンターがいるらしい。
※一行は温泉に付き入浴することに。カピパラがすでに入浴したいた。
※かばんの一言で、みんなは福が脱げることを発見した。
※そのご、かばん達は海に向かい、とりあえず峠への途中にある「ロッジ」に向かう。

アライフマ(004)
(小野早稀)

フェネックス(005)
(本宮佳奈)

アフリカ
オオコノハズク
(コノハ博士)
(041)
(三上枝織)

ワシミミズズク
(ミミちゃん助手)
(042)
(上原あかり)

※アライグマ達は山(サンドマスターに関係ある活火山)に入りたくて、博士に入山許可をもらいに来る。
博士達は、神聖な山だが「シシン」を見つけられることを期待して、アライグマ達の入山を許可する。

イワトビペンギン
[イワビー]
(031)
(相羽あいな)

フンボルトペンギン
[フルル]
(032)
(築田行子)

コウテイペンギン
[コウテイ]
(029)
(根本流風)

ジェンツーペンギン
[ジェーン]
(030)
(田村響華)

ロイヤルペンギン
[プリンセス]
(033)
(佐々木未来)

マーゲイ
(065)
(山下まみ)

ジャイアント
ペンギン
(名前だけ出る)
(037)
(−−−−)
※アライグマたちはペンギン達と出会い、「この前の噴火で奪われた」と言っていた。
マーゲイは、この前の噴火のサンドのスターに当たってフレンズ化したのが
「ジャイナントペンギン」だと言っていた。
※アライブ達は「かばん」達がペンギン達のところに来たことも知った。
▲ 第10話 ろっじ (3/14頃放送) ▲
予告で「今夜はめずらしく宿泊施設におとまり」とあったので「ろっじ」に
到着するまでに何日かかかっているようだ。

サーバル
(001)
(尾崎由香)

かばん
(内田彩)

ラッキービースト
(?)

アリツカゲラ
(---)
(浅野真澄)

タイリクオオカミ
(010)
(伊藤かな恵)

アミメキリン
(074)
(野中藍)

ミライ
(---)
(????)

映像サーバル
[ミライの同伴者]
(001)
(野中藍)
ろっじ「ありつか」に到着した かばん達。受付は、アリツカゲラ。
タイリクオオカミは、ろっじに住む。漫画作家。漫画は博士に本にしてもらっている。
アミメキリンもろっじに住む。自称「探偵」。
かばん達は天候が悪いので、天候が回復するまで、ろっじに宿泊することになった。
ろっじには幽霊話がり、目撃が続いた。また、かばん達がろっじ内を散策すると何ヵ所かでミライ達の
記録再生を聞いた。
幽霊目撃 ミライの記録再生
原因が分かった、かばんは、みんなを現場に連れていく。そこは、ミライの記録再生場所だった。
ラッキービーストが反応すると白い陰は、ミライの姿に変わった。
ミライ「まずいことになりました。あのセルリアンは削っても削っても自己修復するので、
今週倒せない場合、私たちはパークから・・・(去ることになるらしい)」
そして、同伴者の姿も映る。なんとサーバルだ。
映像を見たいサーバルは記憶がないのか動揺していて、さらには目から涙が溢れていた。
 
問題が解決した、かばん達は旅立ち海着いた。
船が動くことがわかり、かばんは、海の外のヒトを探しに行きたいとサーバルにつげる。
そんな中、轟音が鳴り響いた。
一方アライグマたちは温泉に入り、ギンギツネ達と話していた。

アライフマ(004)
(小野早稀)

フェネックス(005)
(本宮佳奈)

ギンギツネ
(066)
(相坂優歌)

キタキツネ
(012)
(三森すずこ)
アライグマ「かばんさんはすごいんだ。温泉の危機を救うなんて」
フェネックス「博士の許可をもらったから、その泥棒を追いつつ、お宝に向かっているのさー」
サーバルはなぜ涙を流したのか?泥棒は誰だ?お宝は何だ?
▲ 第11話 せるりあん(3/21放送) ▲

サーバル
(001)
(尾崎由香)

かばん
(内田彩)

ラッキービースト
(?)

アライフマ(004)
(小野早稀)

フェネックス(005)
(本宮佳奈)

ラッキービースト
(????)

ミライ
(---)
(????)

ヒグマ
(052)
(松井恵理子)

キンシコウ
(045)
(和多田美咲)

リカオン
(090)
(立花理香)
山側の騒ぎが気になった、かばん達は黒いセルリアンに出合い、セルリアンハンターのキンシコウに
助けてもらう。
ラッキービースートの調査で山に登って行くかば達。五合目でミライの記録が再生される。
※とにかくサンドローの供給を止めるフィルタ「ししん」を山頂に設置した。
※黒いセルリアンはいくら攻撃しても山からサンドローを吸収する。

※黒いセルリアンは太陽に向かって進む。
※黒いセルリアンは海を嫌がっている。
※「ししん」は以前記録した「貴重なもの」そのものだった。
※ミライは、サーバルとリカオンと一緒のようだった。
山頂に着いたかばん達は、追いついたアライグマたちと4枚の「ししん」を探し始める。
そんなときサンドロー濃度が急上昇し、黒いセルライアンと戦っているキンシコウ/ヒグマ/リカオンは撤退を余儀なくされる。
かばん達はなんとか最後の1枚の「ししん」を探しだし、フィルター機能を発動させてサンドローの発生を止めた。
ふもとに戻って、かばん達はヒグマ達と合流し、夜にライトやたいまつを使って黒いセルリアンを誘導し、やっつける作戦を立てる。 よる、車で黒いセルリアンを誘導するが途中で車がひっくり返りかばんとサーバルは車外に投げ出され、サーバルがセルリアンに取り込まれる。
ヒグマがたいまつをたいて、ラッキービーストを抱え、黒いセルリアンの囮になった。
ラッキービーストはかばんを態度をみて、過去の悲しい記憶がよみがえったように見えた。
かばんは、木に登りサーバをセルリアンから引っ張り出す。
そして、かばんはたいまつを灯しかばん自身に注意をそらせ、セルリアンはかばんを飲み込んだ。
次回予告

ラッキービースト
耳だけ登場

コウテイペンギン
(029)
(根本流風)
姿なし声だけ

▲ 第12話 ゆうえんち(20717/3/28) ▲
気絶したいたサーバルは気が付く。そこは港でヒグマ達がいた。
サーバルは「かばん」をセルリアンから救うため、ヒグマたちとセルリアンに立ち向かう。
なぜか今まで出合ったフレンズ達がセルリアンを攻撃し始めた。
セルリアンから虹色のボール-かばんと思われる-を確保する。
虹色のボールは「かばん」の姿になり、かばんは無事だった。
黒いセルリアンは船に乗り、ラッキービスとともに海に沈む。
黒いセルライアンは海水に触れるた部分は岩になり、セルライアン全体は島になった。
閑話休題:ゲート近くにはセルリアンに食べられ元の姿に戻ったアードウルフが吠えていた。
セルリアンとの戦いから1ヶ月後の「ゆうえんち」
「無事セルリアンを倒した & かばんが何の動物か変わっておもでとう」パーティーが始まる。
かばんが今まで出合ったフレンズ達が集結している。
アライグマによると「噴火の日、ろっじの帽子を追いかけていたら、帽子からかばんが現れた」
かばんは、ミライの髪の毛がサンドスターの影響を受けたものなのか?
なぜ、かばんは、セルリアンに食べられたのに、もとの髪の毛に戻らなかったのか?
など疑問は残った。
フェネックスの合図でサーバルがかばんを観覧車に乗せる。
観覧車の中で、ミライの記録が再生される「職員は全員島を退去することになりました」 観覧車から降りると、サファリバスの運転席を改造した船がかばんにプレゼントされた。 かばんは、サファリバスの船で旅立っていった。
島が見えてきた、「ごごくエリア」らしい。今までいたところが「きょうしゅう」らしい。
が、動力源の電池が切れた。
しばらくすると、ジャパリバスの乗客車を改造した船でサーバルが追いついてきた。
かばん「サーバルちゃん、みんな」と行っているので、かばんを追いかけて来たのは、複数のフレンズらしい。
新しい冒険が始まる予感。
になるのは、かばんの指が時間経過とともに黒ずんでいった。なぜだろう?

● かばんを救うためにセルリアンとの戦いで確認したフレンズなど

アラビア
オリックス
(キャストなし)

シロサイ
(キャストなし)

パンサー
カメレオン
(キャストなし)

● 閑話休題

フレンズの
アードウルフ

ゲート前の
アードウルフ
(照井春佳)

● セルリアンの戦いやパーティーで確認したフレンズなど

かばん
(内田彩)

サーバル
(001)
(尾崎由香)

ラッキービースト
(?)

アライフマ(004)
(小野早稀)

フェネックス(005)
(本宮佳奈)

イワトビ
ペンギン
(031)
(相羽あいな)

フンボルト
ペンギン
(032)
(築田行子)

コウテイ
ペンギン
(029)
(根本流風)

ジェンツー
ペンギン
(030)
(田村響華)

ロイヤル
ペンギン
(033)
(佐々木未来)

マーゲイ
(065)
(山下まみ)

トキ
(006)
(金田朋子)

ショウジョウ
トキ
(013)
キャストなし

アルパカ・
スリ
(078)
(藤井ゆきよ)

カバ
(057)
(照井春佳)

スナネコ
(044)
(みゆはん)

ツチノコ
(079)
(小林ゆう)

アメリカ
ビバー
(076)
(下地紫野)

オグロ
プレリー
ドッグ
(077)
(大空直美)

ライオン
(009)
(本多真梨子)

ヘラジカ
(071)
(國府田マリ子)

アフリカ
オオコノハズク
(041)
(三上枝織)

ワシ
ミミズク
(042)
(上原あかり)

キタキツネ
(002)
(三森すずこ)

ギンギツネ
(066)
(相坂優歌)

アリツカゲラ
(---)
(浅野真澄)

タイリク
オオカミ
(010)
(伊藤かな恵)

アミメ
キリン
(074)
(野中藍)

ヒグマ
(052)
(松井恵理子)

キンシコウ
(045)
(和多田美咲)

リカオン
(080)
(立花理香)

ミライ
(---)
(内田彩)

ミライの相手を
する サーバル
(001)
(野中藍)

● 新たなる旅立ち

かばん
(内田彩)

ラッキー
ビースト
(ミライ)

サーバル
(001)
(尾崎由香)

フレンズ達

マイルカ
姿なし
(尾崎由香)

★ アニメ1話〜12話 まとめ(?) ★
・きょうしゅう ちほーが舞台だった。
・サーバルはミライのことを覚えていなかったり、フレンズの多くが「ヒト」を知らないなど過去の記憶がないので、一度セルリアンに食べられて、元の動物に戻り、その後サンドスターの影響で再度「フレンズ」化したと思う。
・ツチノコは過去の記憶があるので、セルリアンの襲撃を受けていないと思う。
・かばんは、ミライの帽子に付いていた髪の毛がフレンズしたようだが、セルリアンに食べられても「ヒト」のままだったことを疑問に思った。
・かばんは、手が黒かったがセルリアンに食べられた後、手が白くなり、時間が経過するとともに指先から黒ずんでいったのはなぜか?疑問に思った。
・ミライの説明だとフレンズは「動物や動物だったものがサンドスターの影響を受けたもの」らしいが、アプリや吉崎先生の頭の中では、動物や動物だったものはもちろん、妖怪など架空の存在、宇宙人、はたまた機械までサンドスターの影響でフレンズ化している。
・アニメでは、サンドスターが無機物に影響を与えるとセルリアンになるらしい。
・フレンズ化させるサンドスターやセルリアンのエネルギーになるサンドローは、噴火で供給されている。
その噴出を押さえる制御装置「ししん」をミライが設置したが時間とともに機能しなくなり、かばん達によって、装置が復活した。
・サンドローのエネルギーを吸収した黒いセルリアンは、海水がかかるとかかった部分が岩になる。
正体は、溶岩だった。
・サンドスターを噴出する火山は各地にあると推測できる。
・ラッキービーストは、食料(じゃぱりまん)をフレンズに支給したり、施設の最低限の維持管理を行っているので、フレンズ達に「ボス」と呼ばれているらしい。
▲ 第12.1話 ばすてき(20717/4/4頃ネット公開) ▲
・OP「ぼくのフレンズ」みゆはん。
・ED「ようこそジャパリパークへ」どぶつビスケッツ & ぺぱぷ。
・ジャパリバスを船に改造することになったが、タイヤが壊れていたので、
博士と助手は、アライグマ達に使えるタイヤを探してくるように依頼する。
歩いてくのは大変なので、博士は遊園地の「ばすてき」な乗り物をアライグマ達に与え、アライグマたちはタイヤを探しに出かけた。

アフリカ
オオコノハズク
(コノハ博士)
(041)
(三上枝織)

ワシミミズズク
(ミミちゃん助手)
(042)
(上原あかり)

アライフマ(004)
(小野早稀)

フェネックス(005)
(本宮佳奈)
※「12.1話 ばすてき」の公開は本当ですが、当サイトでは「ユーモア」として扱っていて、「アニメ1期追加分」とか「新作映像」とかではありません。
    キャスト(発表順)     各話タイトル     第 1話〜 第 6話     第 7話〜第12.1話     地 図
▲このページ一番上へ
         アニメ関係     コミックス     オフィシャルガイドブック     80フレンズ一覧     166フレンズ一覧
    BD付フレンズ一覧     360フレンズ一覧
KinutaHandicraft
start:2017.2.11. lastupdate:2017. 4. 9.