● けものフレンズ(アニメ) など まとめ トップ ●      バラエティーメニューへ           
Last up date:
→2017.12. 9.「全(?)フレン一覧」add=新ホッキョクウサギ(bdfl055)/キュウシュウフクロウ(103)/
コンゴウインコ(414)/オオウミガラス(416)/キョクアジサシ(106)
履 歴
 
● も く じ ●
■ 序
海底火山で誕生した島を丸ごと巨大総合動物園「ジャパリパーク」とした。
施設は、動物遊園地「ジャパリパーク」と研究-飼育を行う動物管理区域
「ジャパリパーク・サファリ」の2つのエリアで構成される。
あるときから動物たちが次々と「アニマルガール」へと変化し始める。
「セルリアン」と「サンドスター」の不思議現象を調べる間も「アニマルガール」化
が進んだ。
ゲーム版(2015年〜2016年(終了))では、「セルリアン」の出現で休園状態に陥った。
アニメ版(2017年1月10日〜)では多くの施設が放置状態なので、ゲーム版よりかなり年月が
経過した時点でのストーリーなのかもしれない。
マンガ版(月刊少年エース2015年7月号〜2017年3月号(完結))では通常運営状態で多くの客が
訪れている。
BD付きオフィシャルガイド3巻で「けものフレンズ」の時系列が明らかになった。
詳細は「けものフレンズ」公式サイト「テレビ東京あにてれ」でご確認ください。
■ メモ ■
・謎のエネルギー「サンドスター」を「動物(?)」や「動物を構成すもの(体毛/化石など)」が吸収すると、「フレンズ」になる。
・「フレンズ」は「野生解放」することで大きな力を出せるが、「サンドスター」を消費するので、[野生解放]後は「サンドスター」の補給が必要なようだ。
・「カコ博士」により(?)絶滅種やUMAなど想像上の生物をフレンズ化することに成功した。
・「無機物」などがサンドスターを吸収すると「フレンズ」の天敵「セルリアン」になる。
・「セルリアン」は「サンドスター・ロー」を吸収すると大型化し、太陽などの「明かり」を追いかけたり、水を嫌う性質が現る。
・「サンドスター・ロー」を吸収した「セルリアン」は海水がかかると「溶岩」(岩/石)になる。
・「セルリアン」がフレンズを食べると元の動物に戻り、フレンズの時の記憶を失う。
・「カバン」の手足が黒いのは,手袋やソックスではなく、肌が黒くなっている(フレンズ化の象徴か?)。
・コノハ博士とミミ助手は文字が読める。簡単な単語(出典では「簡単な文字」)なら理解出来る。
・タイリクオオカミの漫画には文字がなく、多くのフレンズは文字が読めないようだ。
・ツチノコが一番古くからフレンズだったようだ。 ・「きょうしゅうちほー」の「サンドスター」などの排出管理システムは「四神」呼ばれていて、「ミライ」が調査に入る前から稼働していたと思われる。
・「四神システム」は定期的なメンテナンスを怠ると、「サンドスター」だけでなく「サンドスターロー」の排出も許してしまう。
▲ このページ一番上へ
KinutaHandicraft